配偶者ビザを取得するのに収入が少ない場合

配偶者ビザの取得希望で、収入に不安のある方

夫婦の年齢差に大きく開きがある場合や、SNSでの出会いや結婚紹介所による出会いなどの場合に審査が厳しくなる事を以前お話ししましたが、収入が低い場合も審査は厳しくなります。

ようは、不許可になりやすいという事です。キチンとした立証証明ができていないとなりませんので、安易な書類作成で望むのは注意が必要となります。

配偶者ビザで年齢差がある場合

配偶者ビザ申請で出会ってから結婚までが短い場合(スピード結婚)

SNSでの結婚は審査がきびしくなるの?

配偶者ビザの審査は、何を見ているの?

入国管理局は、配偶者ビザの審査で何を見ているのか?

  1. 偽装結婚ではない事
  2. 外国人配偶者を扶養した場合でも、生活に困らないかどうか、です。

今回のお話しの収入に関しては2.についてのお話しとなりますが、今まで普通に生活していた方が、国際結婚をして扶養が増えた事により公共の負担(生活保護等)とならないように、という事です。入国管理局はこの点を審査の過程で気にしています。

収入が低い場合の配偶者ビザの取得は出来ない?

勿論、収入が低いから即ダメという事ではありません。総合的判断となります。ただし、あまりにも少ない場合や、預貯金も無いなどの場合は厳しいです。この様な場合は、親族の支援を受けられるのかなど、あらゆる方面から考えていき、理由書や説明書などの工夫も必要となります。

配偶者ビザの専門家に依頼

配偶者ビザは、他の在留資格よりも審査が厳しいのが実情です。審査は各個人で内容が違いますし、知り合いが大丈夫だったからといって自分も大丈夫とはなりません。収入が低くて不安な方やその他不安材料のある方の場合は、専門家にご依頼される事を推奨致します。

配偶者ビザ取得の専門家行政書士

行政書士アーム法務事務所では、外国人在留ビザの専門家であり、配偶者ビザの案件はその中でも多数を占める専門家です。昨年のビザ申請の許可率100%となりました。配偶者ビザをご希望の方、年齢差や収入、SNSや紹介所での出会い、婚姻に至るまでの期間が短いなどの不安がありましたら、当事務所では配偶者ビザの申請をお考えの方への無料相談を行なっておりますのでご相談ください。電話でもメールフォームからでも問い合わせやご予約が出来ます。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。