配偶者ビザ取得するには、両親と会っておくべき?

お互いの両親など親族の方と会っておくべき?

今日は、行政書士の森元です

一言で言うと、お互いの家族とは会っておくべきです。

前提として

日本人の配偶者等ビザの取得では、婚姻が真実であるのかどうかを問われます。いくら、入管で声を大にして言っても聞いてはくれません。窓口の方が審査するわけではないのですからしょうがないのです。窓口では受理はされるかもしれません。しかし、許可になるかどうかは別であり、申請書類に書面で立証と説明をしていく必要があるのです。立証説明のどちらも足りない、又は、内容として不十分であれば、真実の結婚であったとしても当然に不許可となります。

説明は、詳細までする必要があります。そして、記載していく言葉にも気をつけないと、勘違いされて不許可になるケースもあるようです。入管が何を基準に審査をし、何を知りたいのかを理解していないと中々難しいものです。

そして、絶対やってはいけない事は嘘の記載です。入管は嘘をとても嫌います。その時はバレなくて許可となったとしても、後々の更新や永住権の取得を考えた時に困る事になりますのでご注意下さい。

配偶者ビザと親族

配偶者ビザ(日本人の配偶者等)を取得する場合は上記の理由もあり、親族との関係も審査しています。お互いの親族と一度も会って無いとなると、真実の結婚なのかどうかに疑問が持たれる為に審査は厳しくなります。(何度も言いますが、真実の結婚であったとしてもです。)お互いに渡航した際に親族と会い、食事等をしておく事をお勧めします。必ず写真は撮っておきましょうね。

配偶者ビザは、取得した場合のメリットが他の在留資格よりも良い事もあり、取得するには、審査が厳しく不許可にもなりやすい性質でもあります。国際結婚をして配偶者ビザの取得をお考えの場合には、専門家に依頼する事をお勧め致します。

配偶者ビザ取得の専門家である行政書士事務所

当事務所では、ビザ申請の専門家である入国管理局申請取次の一定の基準をクリアした申請取次行政書士が、お二人の日本での生活が安心、安定して暮らせる様にサポート致します。配偶者ビザ取得後の永住や帰化にも対応していますので安心してご依頼頂けます。国際結婚をして配偶者ビザの取得をお考えの方へ無料相談も行っております。ご相談お待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。