子供を日本に呼び寄せる場合について

日本に連れ子を呼び寄せる場合

日本人配偶者と国際結婚する前に、前配偶者である外国人との間に子供がいる場合、日本に呼ぶ事が出来ます。定住者の在留資格で呼ぶ事になるのですが、未成年である必要があります。

住所は一緒でないとダメです。

日本で一緒に生活するため、住所は一緒である必要があります。そして、日本での生計条件(経済状況)も審査されます。ようは、扶養出来る資力があるのかどうかという事です。

また、日本人配偶者の方も一緒に住むわけですから、どの様に子供と関係を作っていくのかや、養子に入れるのかどうかなどを決めている必要もあります。

そして、長い間離れて暮らしていた場合などは、扶養実績なども審査されますので注意が必要となります。今まで、扶養していなかったのに急に呼び寄せる理由です。この点、事実の説明を間違えないようにしないと、日本で働かせる為に呼び寄せると思われがちですので注意が必要となります。

子供の学校について

また、子供の学校などの問題もあります。外国籍の子供が日本に来たあと、学校はどうするのかも重要となります。具体的なプランは必要です。

20歳を超えていると「定住者」での呼び寄せは出来ません。

20歳を超えていると、まず呼ぶ事は出来ません。そして、未成年であっても、年齢が上がる毎に審査が厳しくなります。その為、17歳や18歳も非常に審査が厳しいです。理由として、働く事が出来る年齢となってくるからという事です。

20歳以上の場合は、他の在留資格の検討

その為、20歳以上の場合は特にですが、定住者としては無理なので、正規の在留資格としては留学ビザや就労ビザ、日本人配偶者ビザ、経営・管理ビザなどで来るしかありません。他には、短期滞在(親族訪問)となりますが、一番現実的なのは短期滞在で日本に来て、日本語学校や専門学校、大学などを探し、留学ビザへの変更となります。

早めの対応をすべきです。

このように、年齢が上がると審査が厳しくなるので呼び寄せる予定の場合は、早めの対応をする事をお勧めします。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。