SNSで国際結婚は、審査が厳しくなる?

SNSなどのインターネットを使った出会いの場合には、配偶者ビザの場合は偽装結婚が疑われる?

今では、SNSなどのインターネットを使った出会いによる結婚は多くなっています。マッチングアプリなどもありますので増えていますね。

SNSで出会う事は、今や珍しく無い。しかし、

一般的に結婚に至る過程でのSNSでの割合となると、割合としては少ないでしょう。しかし、国際結婚となると、この割合が非常に高くなります。そして、このSNSでの出会いの中には一定数の偽装結婚が含まれている事も事実としてあります。そして、偽装結婚の多くがSNSによる出会いであるという事もあるため、入国管理局としては偽装結婚の可能性があると考えて審査を始めます。その為、真実の結婚であったとしても詳細の立証と説明の責任があるのです。

ようは、立証説明が不十分なら許可しません。という事です。この、立証説明は、何が必要となるのかを自分の状況ごとに判断して考えて提出するしかありません。入国管理局何何を基準に何を見ているのかを考えて書類作成する必要があります。

配偶者ビザを取得するのに収入が少ない場合


配偶者ビザ申請で出会ってから結婚までが短い場合(スピード結婚)

だからといって、嘘はダメです。(すぐにバレますし、不利になるだけです。何もいい事は有りません。)キチンとSNSで出会った事は記載して、その上で、本当の真実の結婚である事を立証し、説明していけば良いのです。入国管理局への申請では、嘘をつかずに正直に説明する。そして、立証責任は本人にあるのでキチンと立証することです。

当事務所にご相談にいらした方には、真実の婚姻であるなら大丈夫ですよ。とお話ししますし、書類作成は通常より大変になりますが、立証書類も多くなるとはいえ、真実の結婚であれば集められるものが殆どです。そして、当事務所にご依頼頂いた場合には、何を集めるべきかの必要書類のリストアップをして集める事になります。

当事務所にご依頼の方でも多数のSNSで知り合った国際結婚の方の申請に携わってきましたし、令和元年の結果も全て許可となっております。

国際結婚による「配偶者ビザ取得を考えたら」「SNSで出会ったので不許可になりそうで不安」「年齢差があるので不許可となりそう」など不安や悩みなどありましたら、ご相談ください。当事務所では、配偶者ビザ取得をお考えの方に無料相談を行なっております。昨年度(令和1年)の許可率100%となっておりますが、万が一の場合の全額返金保障付となっておりますので安心してご相談下さい。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。