連れ子定住(定住者)

日本人と結婚して、本国の連れ子を呼ぶ場合

日本人と結婚して本国にいる自分の連れ子を呼ぶ場合がよくあります。外国人配偶者が日本人と結婚する前の前婚の相手との間に子供が母国にいて、日本にその子供を呼び寄せるという事です。この様な場合には、「定住ビザ」を取得する事になります。「連れ子定住」とも呼ばれています。

「連れ子定住」の場合の条件として、子供が未成年で未婚である必要があります。20歳になるとまず厳しいですし、18歳くらいになると自分で働く能力があると判断されますので、不許可になりやすいので注意が必要です。基本的に、年齢が上がる程厳しくなる傾向です。

子供定住は、親の扶養を受けて同居する事が条件となります。その為、親子関係を証明する必要があり、扶養するにあたっての経済的な状況を立証する必要があります。また、長期間の間、子供と別居状態だった場合には、急に日本に呼んで同居する理由を説明しないとなりません。

連れ子定住について詳しく

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。