配偶者ビザは、就労や永住要件が優遇されている?

「日本人の配偶者ビザ」は就労制限や将来の永住条件が優遇されている

「日本人の配偶者ビザ」は、他の在留資格よりも優遇されてます。就労制限が無く、永住する為の要件も緩和されます。

「日本人の配偶者ビザ」には、就労制限が無い

「日本人の配偶者ビザ」には、就労制限がありません。通常の「就労ビザ」や「家族滞在ビザ」などは制限があります。「就労ビザ」であれば自信の在留資格に合った仕事しか出来ませんし、単純労働やアルバイトも不可ですよね。そして、「家族滞在ビザ」は、資格外活動許可を得て週28時間以内という制限でないとアルバイトなどが出来ません。しかし、「日本人の配偶者ビザ」の場合は、就労制限が無いのでどの様な仕事も日本人と同じように出来ます。飲食店や工場などの単純労働と呼ばれている仕事もできます。法律に違反した仕事はもちろん日本人も外国人もだめですよ。このどの様な仕事も出来るというのは、とても大きなメリットなので「日本人の配偶者ビザ」を取得したい外国人の方は多いようです。その為、偽装結婚による不法な滞在として利用される事が非常に多い為、「日本人の配偶者ビザ」は他の在留資格に比べて審査が厳しいのです。

配偶者ビザを取得するにはお互いの両親と会っておくべき?

「日本人の配偶者」は永住権を取得しやすい?

通常、外国人が永住ビザを取得する為には、「引き続き10年以上日本に在留」している必要があります。しかし、「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「特別永住者の配偶者」の場合は、婚姻生活が3年以上継続していて、引き続き1年以上日本に在留している事で大丈夫なのです。

  1. 結婚して3年経過している
  2. 日本に引き続き1年以上住んでいる

です。

この2つの条件を満たしていれば永住要件としての居住要件がクリア出来ますのでとても有利なのです。

よくある例として、

  • 外国で結婚して2年後に日本に来て1年引き続き住んだ場合
  • 日本で結婚して3年日本に住んだ場合

などが当てはまります。

ただし、要件は非常に緩和されて永住しやすいのですが、あくまでも条件が緩和されるだけですので申請書類の作成が簡単となるわけではありません。通常と同じように書類を揃える必要がありますし、審査も厳しいです。むしろ、日本人配偶者側の立証資料を揃える必要もあるため申請書類は多くなる傾向にあります。

この永住への審査要件緩和については、「日本人の配偶者」だけでなく、「永住者の配偶者」や「特別永住者の配偶者」も該当します。

「日本人の配偶者」の必要書類

「永住者の配偶者」の必要書類

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。