配偶者ビザを取得して日本で一緒に暮らす

日本で一緒に暮らす為に配偶者ビザを取得

日本人と外国人が国際結婚をして日本で暮らす場合は、「日本人の配偶者等ビザ」を取得する事となります。「日本人の配偶者等ビザ」は他の「就労ビザ」等に比べて就労制限などが無く優遇されています。日本人と結婚していてわざわざ「就労ビザ」を取得する人も少ないでしょう。

日本人の配偶者等ビザの範囲

では、「日本人の配偶者等ビザ」の範囲ですが、

  1. 日本人の配偶者
  2. 日本人の子(片方の親が外国人)
  3. 特別養子

となります。

配偶者ビザの「等」って何?

「日本人の配偶者等ビザ」の「等」の部分が2.3.に当てはまります。日本人配偶者だけではないのです。

日本人配偶者

1.は、日本人配偶者と婚姻している事です。両国での婚姻手続きが終わっている事が前提となります。その為、内縁関係は当然ダメです。

配偶者ビザは、婚姻の実体が必要

そして、有効に婚姻手続きをしていても、同居する事が必要となりますので、許可になったとしても、同居してないと次回更新で必ず更新不許可となります。夫婦としての実体が無いのであれば許可しないという事です。

配偶者ビザは、偽装結婚防止の観点で審査してる

入国管理局は、偽装結婚による在留資格取得を防止する観点からこの様な取り扱いをしており、夫婦の実体が無いのであれば在留資格を認めないという事です。その為、真実の結婚であっても、偽装結婚ではない事を自ら立証して説明しないと偽装結婚とみなされてしまいます。この立証説明が不十分であれば不許可となりますし、一生懸命やったけど内容が勘違いされる様な記載となっていて不許可となる方も多いようです。この点から、申請件数を多数こなしている配偶者ビザ専門の行政書士に最初から任せる事を推奨します。

配偶者ビザを取得するにはお互いの両親と会っておくべき?

日本人の実子は配偶者等ビザの「等」

2.は、日本人との間に生まれた日本人の子供という事です。その為、日本人の実子でなければなりません。日本人の子供であれば良いという事になりますので両親が結婚しているかどうかは問われません。

母国の連れ子を日本に呼び寄せる場合はコチラ

日本人の特別養子も配偶者等ビザの「等」

3.は、特別養子の場合となりますので、普通養子ではダメです。特別養子であれば、上記日本人の実子と同様に「日本人の配偶者等ビザ」の取得が可能となります。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。