国際結婚手続きは?ビザとの関係は?

国際結婚をして日本で暮らす場合には、まず両国での「結婚手続き」をする必要があります。そして、日本で一緒に暮らす為の「在留資格(ビザ)」を取得する必要があります。

「結婚手続き」と在留資格(配偶者ビザ)は別物

この二つの手続きは全くの別物であり、管轄している役所も違います。「結婚手続き」は、市区町村役場や大使館などでの手続きをする事になりますし、原則として問題なく受理される事が多いです。

日本人同士の結婚とは違い、日本の役所に婚姻届を提出すれば良いとはなりません。両国で結婚手続きをする必要があります。日本でのみ婚姻手続きを終えても、相手の国では未婚となってしまう為です。

在留資格(配偶者ビザ)を取得しないと日本で一緒に住む事は出来ない

そして、「在留資格(ビザ)」を取得しなければ、結婚手続きが済んでいても日本で暮らす事は出来ませんし、「在留資格(ビザ)」の申請をするには、両国での婚姻手続きが済んでいる必要があります。

まずは、両国での結婚手続きが先

日本に2人共に既に住んでいるのであれば、日本での婚姻手続きをするべきですが、その際に外国人配偶者の本国書類として婚姻要件具備証明書や出生証明書が必要となり、日本語翻訳文を付ける必要があります。これらの書類は外国人本人が独身である事を証明している書類であり、国にもよりますが、大使館や外務省の認証が必要となる場合もあります。そして、日本の役所に行き婚姻手続きをします。婚姻手続きが済んだら本国の手続きをするという流れです。届出先は、日本にある大使館や領事館で出来る場合が多いですが、国によって違いがあり、本国へ行かなければならない場合もあります。その為、必ず事前に各国の大使館に電話で確認する事をお勧めします。この両国での手続きが済んだら在留資格(ビザ)を申請する流れとなります。

確認の際には、必ず必要書類を聞く事をしてください。大抵は、戸籍謄本(結婚の事実が記載されたもの)や婚姻届受理証明書なのですが、国によって違いがあるため必ず確認してから行くようにしましょう。

結婚手続きが済んだら在留資格(ビザ申請)

在留資格の管轄するところは、出入国在留管理局となります。こちらで、在留資格(ビザ)を取得して初めて日本で一緒に暮らす事ができます。そして、婚姻手続きが済んでいるからといって許可されるとは限らないという事も重要です。在留資格(ビザ)は、不許可となる事があります。そして配偶者ビザは、偽装結婚による不法滞在防止の観点から非常に審査が厳しいものです。立証証明や説明をキチンと出来ていなければ不許可となります。安易な申請により再申請も難しくなる事がありますので注意が必要です。その為、最初から専門家に依頼することを推奨致します。

配偶者ビザ(国際結婚ビザ)サポート

当事務所では、毎日の様に国際結婚の問い合わせがあります。「年齢差があるので不許可になりそう」「結婚迄の期間が短くスピード結婚だったので偽装結婚と判断されそう」「収入が低いので不許可になりそう」「忙しくて書類作成や必要書類を考えたりしている時間が無い」など様々な不安や悩みで問い合わせがあります。当事務所では、配偶者ビザの取得をお考えの方に無料を行なっております。配偶者ビザの取得を考えている方、配偶者ビザで不安や悩みのある方は、当事務所の無料相談をご予約ください。皆様の日本での結婚生活が安定する様にサポートさせて頂きます。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。