日本国籍の実子を扶養する場合のビザ(定住者ビザ)

日本国籍の子供を扶養する場合(日本人の配偶者ビザでの離婚等)

日本人の実子を扶養する場合には、「日本人実子扶養定住」という定住者ビザへの変更が可能な場合があります。

「日本人実子扶養定住」の条件とは?

「日本人実子扶養定住」とは、日本国籍の子供を扶養する必要がある場合、外国人の親に対して「定住者」の在留資格を与えるものです。

  • 日本人と外国人の間に生まれた実子である事
  • 実子が未成年である事
  • 外国人親が親権を持っている事
  • 養育、監護、同居している事
  • 日本で生活する為の収入がある事

となります。

この在留資格で多いのは、日本人配偶者と結婚していたが離婚する事となり、外国人側が子供を引き取る事となった場合です。通常日本人配偶者と結婚していれば「日本人の配偶者ビザ」の在留資格で在りしている事が多いですが、離婚や死別してしまうと在留資格の該当性がなくなる為、速やかに他の在留資格に変更する必要があります。

「定住者」又は「就労ビザ」

この場合に、「定住者ビザ」又は、「就労ビザ」等を検討する必要があるのですが、日本人の子供を引き取り親権を得た場合には「定住者」への変更ができる可能性があります。

「定住者ビザ」は、同居することが条件

日本で同居する事が条件となっていますので、当然、本国の親に預けたり、同居していない場合には許可とはなりません。

母国の連れ子を日本に呼び寄せる場合

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。