留学ビザ〜配偶者ビザへの変更の注意点

配偶者ビザを留学ビザから変更する場合

配偶者ビザへの在留資格変更申請をする場合として、留学ビザから配偶者ビザへの変更をする場合があると思います。当事務所へのご相談でもとても多いですね。

留学ビザから配偶者ビザの場合は、難易度が高くなる場合もある?

大学や専門学校、や日本語学校の留学生などの外国人と日本人がお付き合いし、国際結婚をする場合となります。この場合に必要なのが「日本人の配偶者ビザ」となりますが、場合によっては申請の難易度が非常に高くなる事が多いです。

卒業なのか?退学なのか?

状況としては、現在の留学ビザで卒業してからの申請なのか、退学しての申請なのかでは、大きく難易度が変わりますし、立証説明なども詳細にわたります。

退学または、在籍中で成績不良や出席率が悪い場合は注意

卒業してからの配偶者ビザへの申請で有れば、本来の目的をキチンと終えた上での変更申請なので、この点については問題ないのですが、退学して「日本人の配偶者ビザ」を取得する場合や、在学中で出席率が悪い場合、成績が悪い場合となるとなると審査が非常に厳しくなります。ただでさえ、「日本人の配偶者ビザ」は審査が厳しいのにです。勿論、取得が出来ないという事ではありません。当事務所でもこの様な案件は多く受けていますし、許可となっております。

留学から配偶者ビザは、なぜ厳しくなるの?

入国管理局は、「何故、退学したのか?」という事を突っ込んできます。在学中で出席率が悪い場合などは、「出席率が悪く退学になりそうだから結婚ビザを取得するのでは?」という疑いを持ちます。

以前にも記載しました様に、偽装結婚で「日本人の配偶者ビザ」を取りたい方がとても多く、「出席率が悪くて退学になりそうなので日本人と結婚して配偶者ビザを取りたい」「もう勉強したくないので日本人と結婚」「学費が高いので日本人と結婚すれば日本に居られる」と思う外国人も少なからずいるという事が原因となります。その為、本来の留学ビザの目的をまっとうしている場合以上に審査過程で厳しくなります。これを見ている皆さんはそうではないのだと思います。しかし、入国管理局では、そうは思ってくれませんので真実の結婚である事を自ら立証説明していく必要があるのです。通常の「日本人の配偶者ビザ」では提出しない様な書類(例:成績証明書や退学証明書等々)を提出して説明書類を提出していかないと許可とはなりません。

「留学ビザ」〜「日本人の配偶者ビザ」への変更申請で退学による場合は、特に十分な準備が必要となります。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。