日本人の配偶者ビザの方が、配偶者と離婚や死別してしまった場合

離婚や死別の場合の日本人の配偶者ビザ

日本人の配偶者が離婚や死別の場合には、定住者への変更又は、就労ビザへの変更を検討する必要があります。この場合には、速やかに入管への届出、在留資格の変更をする事をお勧め致します。

放置しておくと、6ヵ月経過後は在留資格取消の対象になりますし、更新時点で更新不可となりますので注意が必要となります。

在留期間が残っていてもダメです

在留期間が1年以上残っていてもダメです。他の在留資格に変更する必要があります。

では、検討すべき在留ビザは何か?

定住者ビザか就労ビザ等を選択することが多いですが、定住者ビザを取得可能性があるのは、婚姻期間が3年以上である場合や日本国籍の子供がいる場合となります。これに該当しない場合には、就労ビザやその他ビザを検討する必要が出てきます。

定住者ビザ申請には十分な準備が必要です。

この定住者ビザは、告示外定住と呼ばれるもので審査は厳しく立証証明や説明は十分にする必要があります。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。