日本人の配偶者ビザ〜定住者への変更

日本人配偶者が離婚や死別した場合

日本人の配偶者ビザであった方が離婚したり配偶者と死別したりした場合には、「定住者」又は、「就労ビザ」への変更を検討する必要があります。

定住者を検討する場合(告示外定住)

外国人ビザ・帰化申請専門行政書士

子供がいる場合や婚姻年数が長い場合は、「定住者」として申請出来るかどうかを検討する事になります。

就労ビザを検討する場合

外国人ビザ・帰化申請専門行政書士

学歴や職務経験が豊富な場合で、上記の「定住者」の条件がない場合には就労ビザを検討する事となります。

先ず「定住者」から検討

日本人の未成年の実子がいて、子供を日本国内で扶養している外国人である場合は、「定住者」への変更が良いでしょう。また、子供がいない場合でも、婚姻期間や在留期間が長い場合には、生計要件(生活費など)が問題なければ、定住者への変更申請は可能です。「定住者」も「日本人配偶者ビザ」の様に就労制限が無いビザの為、審査は非常に厳しいのですが、要件をクリアしていて申請書類や立証責任、説明書類、理由書などキチンとした申請をすれば大丈夫です。ただし、適当な添付書類を出して申請すれば不許可となるだけですので注意が必要です。

オーバーステイにならない様に注意が必要

女性の場合に注意が必要なのは、再婚をする場合に6ヶ月の待婚期間がある事です。その為、オーバーステイになってしまう事がありますので注意が必要です。また、離婚や死別したのに入管への届出をせずに放置している事によって再婚の際の更新が不許可となる事例が多いので注意してください。入管としては既に資格該当性が無い状態での長期間の放置であったとして更新不可としてきます。離婚や死別があった場合は、入管への届出と在留資格の変更申請を早めにする事をお勧め致します。

配偶者ビザや定住者等のビザ申請の専門家

当事務所では、日本人の配偶者ビザや定住者等のビザ申請をお考えの方に無料相談を行なっております。ビザ申請についてお困りの方や不安や悩みの方は、電話やメールフォームよりお問い合わせ下さい。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。