日本人の配偶者ビザへの変更(就労ビザ→配偶者ビザ)

「留学ビザ」や「就労ビザ」から「日本人の配偶者ビザ」への変更

現在日本に正規の在留資格を持って在留している外国人が日本人と結婚した場合に「日本人の配偶者等ビザ」へ変更する場合の申請は「在留資格変更許可申請」をする必要があります。

例えば、「留学ビザ」から「日本人の配偶者ビザ」や「就労ビザ」から「日本人の配偶者ビザ」への変更、「日本人の配偶者ビザ」から「定住者」への変更などが多いと思います。

「日本人の配偶者ビザ」への変更はした方が良い?

在留資格について、変更があった場合には速やかに在留資格の変更をするようにお勧め致します。理由として、「留学ビザ」から「日本人の配偶者ビザ」や「就労ビザ」から「日本人の配偶者ビザ」への変更などの様に「日本人の配偶者ビザ」への変更についてはメリットが非常に多い為変更をお勧めしています。

「日本人の配偶者ビザ」はメリットが大きい

国際結婚/日本人の配偶者ビザ

「就労ビザ〜日本人の配偶者ビザ」へ変更するメリットって何?

外国人ビザ・帰化申請専門行政書士

日本人の配偶者ビザは、他の在留資格に比べてメリットが多いです。その為、日本人と結婚された場合には、速やかに在留資格の変更をお勧めしています。

  • 日本人の配偶者ビザには就労制限がありませんので、どの様な仕事も出来ます。就労ビザのままだと決まった職種の仕事しか出来ません。
  • 仕事を辞めてもビザの取り消し対象にはなりません。転職した場合の入管手続き等も不要です。
  • 永住ビザの申請条件(要件)が下がる為、永住するのが早く可能となる。
  • 帰化の申請条件(要件)が下がる為、日本国籍を取得するのが早く可能となる。
  • 経営・管理ビザが無くても、「日本人の配偶者ビザ」なら会社設立可能となる。※就労ビザの場合に会社設立する場合は「経営管理ビザ」が必要となり、資本金として最低500万円必要となる為、ハードルが高い。

「日本人の配偶者ビザ」への変更は必ず必要?

国際結婚/日本人の配偶者ビザ

「日本人の配偶者ビザ」への変更は必ずする必要があるのですか?「就労ビザ」のままでも大丈夫ですか?

外国人ビザ・帰化申請専門行政書士

「就労ビザ〜日本人の配偶者ビザ」や「留学ビザ〜日本人の配偶者ビザ」へ変更は、必ずしなければならないものではありませんが、早めに変更手続きをした方が後々後悔せずに済みますので変更をお勧めします。変更していなかった事により、後の状況の変化で、あの時変更しておけばよかったと困っている方もよくご相談にいらっしゃいます。

外国人ビザ・帰化申請専門行政書士

今回の様に「日本人の配偶者ビザ」への変更は任意ではありますが、メリットが大きい為変更をお勧めします。しかし、「日本人の配偶者ビザ〜定住者」などの様な変更の場合で離婚や死別などにより状況の変化があった場合は速やかに変更する必要があります。入管への届け出も必要となります。これを疎かにして放置しておくと後々の変更や更新が出来なくなる恐れがありますのでご注意下さい。

母国の連れ子を日本に呼び寄せる場合はコチラ

配偶者ビザを取得するにはお互いの両親と会っておくべき?

配偶者ビザ(日本人の配偶者ビザ)申請の専門家

当事務所では、配偶者ビザ(日本人の配偶者ビザ)の取得を考えているご夫婦の無料相談を行なっております。配偶者ビザ(日本人の配偶者ビザ)は、国際結婚をしたからといって必ずしも許可となるものではありません。「国際結婚をしたので日本で夫婦一緒に暮らしたい」「年齢差があるので不許可になりそうで不安」「スピード婚なので不許可になりそう」「確実に許可を取りたい」「そもそも何から手をつけていいか分からない」などのビザ申請の不安や悩みがありましたら先ずは、当事務所の無料相談をご利用下さい。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。