配偶者ビザ取得の流れ

国際結婚した配偶者の状況により手続きが違う

まずは、国際結婚の時点で配偶者外国人が何処にいるのか?(外国にいるのか?既に日本に来ているのか?)です。この内容によっては、申請する内容も違って来ます。

配偶者ビザ取得には大まかに分けると2種類

  1. 外国人配偶者様が、日本にいない場合(現在はまだ、海外に住んでいる)
  2. 既に、他の正規の在留資格で日本に住んでいる場合(正規の中長期在留資格の事であり、短期滞在等は含まない。)

海外にいる配偶者を呼び寄せる(認定)

外国人配偶者が、まだ国外にいる状態です。まだ日本に正規の在留資格で来ていないので呼び寄せるという事になります。その場合は、『在留資格認定証明書交付申請』を申請します。

この様な場合の多くは、仕事で海外に行った際に出会ったパターンや結婚紹介所など、SNSを介して知り合ったケースなどですね。

この様な場合には、婚姻手続きを済ませたとしても、正規の在留資格はまだ持っていない為に日本に入ってくる事が出来ません。その為、正規の在留資格として「日本人の配偶者ビザ」を取得する必要があります。「日本人の配偶者ビザ」は数ある在留資格の中でも審査が非常に厳しいです。偽装結婚が未だ多い事もある為です。そして立証責任は本人にある為、真実の結婚であるにも関わらず安易に本人申請をしてしまい、立証説明不足で不許可となる方も非常に多いのが配偶者ビザの難しいところです。この「日本人の配偶者ビザ」を取得しないと日本で一緒に暮らす事は出来ないのです。夫婦なのにです。

この様な海外からの呼び寄せの場合は、在留資格認定証明書を申請し、無事許可となれば「在留資格認定証明書」をもらう事ができますので、海外にいる配偶者様に国際郵便等で送ります。そして、その認定証明書を現地にある在外日本領事館に持って行くことで、日本に来る事ができるようになります。

既に日本にいる中長期在留資格者との国際結婚の場合(変更)

既に正規の中長期在留資格(留学ビザや就労ビザ)を持って在留しているが、日本人と結婚したので日本人の配偶者ビザに変更する場合です。

この様な場合には、在留資格変更許可申請をする必要があります。現在のビザから日本人の配偶者ビザへ変更するのは、とてもメリットが有りますので、原則として日本人の配偶者となった場合には、すぐに変更する事を推奨いたします。

配偶者ビザでもらえる期間は何年か?

配偶者ビザの認定や変更をした場合、原則として最初は1年ビザとなります。婚姻の信憑性や生計の安定性などでの総合的判断なのですが、配偶者ビザの場合は普通、最初1年ビザです。次回更新以降で3年となる事があります。1年、1年、3年の順番に出る事が多いです。最初の1年間は入国管理局としては、様子を見たいという事の様です。他の在留資格と違いこの点はシビアです。それでも、他の在留資格よりもメリットが多いので、真実の結婚であれば配偶者ビザにするべきだと思います。

当事務所には、毎日のように配偶者ビザの申請相談がありますが、その中でも「確実に配偶者ビザを取得したいので専門家に頼みたい」「年齢差があるので、不許可になるのではないかと不安」「スピード結婚なので不許可になりそう」「忙しいので、専門家に頼みたい」など様々な不安や悩みの相談があります。貴方も、もしかしたら同様の不安や悩みをお持ちではないでしょうか?当事務所では、配偶者ビザの申請をお考えの方に無料相談を行なっています。配偶者ビザ取得をお考えならば、まずは当事務所にお問い合わせ下さい。

配偶者ビザを取得するにはお互いの両親と会っておくべき?

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。