配偶者ビザ(国際結婚)で年齢差がある場合

年齢差のある国際結婚(配偶者ビザ)の場合は、審査が厳しくなります。

年齢差がある場合には、審査が厳しくなる傾向にあります。申請難易度は確実に上がります。取り敢えず自分でやってみようと思い、本人申請して不許可となりご相談に来る方がいらっしゃいます。不許可理由で多いのが、説明不足や立証不足です。そして、説明自体はキチンとしたつもりが、書き方によって入国管理局に誤解を生む記載であり不許可となる事も非常に多いです。本人申請で一度不許可となった場合、前回提出した資料は全て入国管理局に保存されていますので、再申請にはとても細心の注意が必要となります。全く違う事を記載して提出すれば当然前回ば嘘を書いたのか?と思われかねません。最初から専門家に依頼される事をお勧め致します。

自ら真実の結婚である事を立証説明する事が必要

配偶者ビザの場合審査として重要なのは、偽造結婚では無い事の証明となります。自分達は真実の結婚であると立証する必要があるのですが、年齢差があり過ぎる場合には、入国管理局は偽装結婚を疑い始めます。

配偶者ビザを取得するにはお互いの両親と会っておくべき?

何故、年齢のある国際結婚は難易度が上がる?

理由として、過去に日本での偽装結婚の多くが年齢差が大きい事があるからです。もちろん、日本人同士の結婚であっても年齢差のある場合も珍しくないでしょう。しかし、全体から考えると割合的には少なくなるのではないでしょうか?ところがです。国際結婚となると年齢差の割合が非常に高くなるのです。

国際結婚ビザは立証と説明が大切、年齢差がある場合は特に大切です。

この様な事からも年齢がある場合のビザ申請での立証説明は気を使うところです。

この様な難易度の高い場合は、専門家に依頼する事を強く推奨致します

国際結婚・配偶者ビザ取得のプロ

当事務所では毎日のように国際結婚ビザの申請問い合わせがあります。皆さん、「不許可になるのではないか?」「年齢差があるので不安」「スピード婚なので不許可になりそう」など様々な不安や悩みで当事務所の相談にいらっしゃいます。もしかすると貴方も同じような悩みや不安を持たれていませんか?当事務所では無料相談を行なっています。国際結婚をしてビザの取得をお考えの場合や配偶者ビザ申請でお悩みや不安がある場合はお待ちしています。ご連絡下さい。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。