配偶者ビザの認定証明書って?

配偶者ビザ取得には認定と変更がある

国際結婚して配偶者ビザを取得する場合として2種類あります。

  1. 今現在、既に日本に正規の在留で住んでいる外国人(短期滞在などは含みません。)が日本人の配偶者等ビザに在留資格変更申請をする場合
  2. 今は、まだ外国にいる方と日本人が国際結婚をして、日本にこれから呼び寄せて2人で日本で暮らしていきたい場合

1は、現在時点で留学ビザや就労ビザなどの正規の中長期在留資格を持っている状態です。短期滞在ビザは原則ダメです。

外国人配偶者を呼び寄せるなら認定

認定証明書とは、2の様に呼び寄せる場合に交付されるものです。1は許可となれば在留カードを渡されますが、2の場合には認定証明書というものを交付されます。この認定証明書を本国にいる外国人配偶者様に国際郵便EMSで送り、在外大使館に認定証明書を持っていき日本に入国してくるという流れです。日本での手続きとしては、認定証明書をもらう迄です。日本に入国すると、大きい空港であれば在留カードを渡されます。

この際には、在留カードの住所欄は空欄となってますが大丈夫です。役場に行き住民登録すれば在留カードの裏面に記載してくれます。

次回の更新からは表に記載される事になります。

お電話での問い合わせも受け付けてます

無料相談のご予約は休日や遅い時間も対応

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。