短期滞在から配偶者ビザへの変更

問い合わせや無料相談のご予約は、お電話でも承っております。

無料相談は、ご予約頂ければ土日祝日や平日の遅い時間にも対応しています。

配偶者ビザの取得

配偶者ビザの取得には2種類あります。既に日本に正規の中長期在留資格をもって在留している方が配偶者ビザに変更する場合と、今はまだ本国にいて日本に呼び寄せる(認定)場合です。

外国人配偶者が、留学ビザや就労ビザで既に日本にいる場合

外国人配偶者様が日本に既に正規の在留資格で住んでいる場合(留学ビザや就労ビザなどの中長期滞在ビザ)には、配偶者ビザへの変更申請となります。当然ですが、配偶者ビザへの変更が許可となればそのまま日本にいる事が出来ます。

配偶者ビザを取得するにはお互いの両親と会っておくべき?

外国人配偶者が、まだ日本に居ない場合

現在はまだ日本にいない場合や短期滞在ビザで日本にいる場合は、配偶者ビザへの直接変更は原則は出来ません。その為、配偶者ビザの認定の許可が出た場合には、認定証明書を本国の配偶者様に国際郵便で送って日本に入ってきてもらうのが原則となります。

短期滞在で入ってきている場合には、例外もある

例外として認定証明書の許可が出た時に短期滞在で日本に居る状態の場合には、今度はビザの変更申請書を再度申請をすれば、そのまま在留カードを受け取る事が出来ます。

再度、在留資格変更申請書を作成する手間は掛かりますが、原則として即日交付となりますので再度本国に帰ってから日本に入ってくるよりも楽です。

ただし、本国から認定で入ってくるのが原則なので必ずしも変更が許可されるとも限らない事や変更申請の際に注意すべき点も多々あります。

配偶者ビザへの変更なら観光目的はダメ

短期滞在で入ってくる際の理由にも注意が必要で観光ではダメです。必ず親族訪問にしてください。観光にしてしまうと短期滞在から配偶者ビザへの変更は不可となります。配偶者ビザ認定を専門家に依頼した場合でそのまま変更をしたい場合は、変更申請もお願いした方がいいでしょう。

ちなみに中国など短期滞在ビザで来る必要のある国以外に、査証免除国(韓国や台湾、欧米等)の場合にはノービザで日本に来る事が出来ます。

配偶者ビザ申請の無料相談

当事務所には、配偶者ビザの申請問い合わせが毎日のようにあります。昨年(令和1年)の許可率100% 配偶者ビザでお困りの方、不安や悩みなどありましたら無料相談を行なっております。お気軽にご連絡下さい。お待ちしております。

問い合わせや無料相談のご予約は、お電話でも承っております。

無料相談は、ご予約頂ければ土日祝日や平日の遅い時間にも対応しています。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。