配偶者ビザから定住者

配偶者ビザから定住者とはどういう場合?

定住者に変更できる場合としては、いくつかの場合がありますが、配偶者ビザ(日本人の配偶者ビザ)からの定住者への変更は、離婚定住又は死別定住とも言います。

実は、この場合に当たる相談は当事務所への問い合わせ相談でも非常に多いです。

母国の連れ子を日本に呼び寄せる場合はコチラ

定住者への変更相談の内容とは?

今まで配偶者ビザ(日本人の配偶者)であったが、離婚となったしまった場合や死別などが該当します。問い合わせで多いというのは、「離婚してしまったのですが、日本にいる為にはどうしたらいいですか?」や「日本人の配偶者が亡くなってしまったのですが、日本にこれからもいる為にはどうしたらいいですか?」というものです。

離婚や死別の場合は、配偶者ビザのままではいられない

配偶者ビザ(日本人の配偶者)である外国人がが、離婚や配偶者が死別等なると、配偶者ビザの前提がなくなる為に、配偶者ビザの更新が出来なくなります。その為、このような事態となった場合には、すぐに他の在留資格(ビザ)への変更を考えるか、又は帰国するしか有りません。

更新期間がまただからといってそのままにしておくのもダメです。入管への届出はすぐにするべきです。そのまま放っておくと変更も更新も出来なくなり、出国するしかなくなります。

離婚や死別の場合に変更すべきビザとは

帰国しないで他の在留資格(ビザ)への変更をする場合に考えられるのが、定住者又は就労ビザです。

定住者の場合の要件とは

定住者の場合には、配偶者ビザでの婚姻期間が3年以上ある事が最低でも必要と思った方が良いです。3年以上であれば定住者への変更が可能です。ただし、証明する事が非常に多くなりますので一筋縄ではありません。また、3年に満たなくても、日本国籍の子供がいて、親権を得られれば1年程度しか配偶者ビザでの婚姻期間がなくても可能性があります。あとは、DVが原因の場合などです。この場合は証拠として病院の診断書は必要です。そして、日本に住み続けたい合理的な説明、理由を詳細に記載していく必要があります。

定住者の要件が備わっていない場合には、就労ビザなどの他の在留資格を考える必要が出てきます。

このような、配偶者ビザから定住者への変更の相談、不安や悩みは非常に多いです。

上記状況になったら直ぐに専門家に相談する事を推奨致します。

当事務所の無料相談のご予約が出来ます。

お電話での問い合わせ、ご予約も承っております。

無料相談こさのご予約は休日や遅い時間もOKです。事前にご予約下さい。、

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。