配偶者ビザ申請で出会ってから結婚までが短い場合

行政書士の森元です。

国際結婚をして配偶者ビザの取得を希望する方のご依頼、問い合わせが当事務所にはよくあります。

その中でよくある不安や悩みとして、「スピード婚なのですが配偶者ビザを取得できますか?」というものがあります。

これを見ている皆様の中でも、もしかしたら同様の悩みや不安を持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

配偶者ビザではスピード婚は審査が厳しくなる?

今では、スピード婚も珍しくはないのかもしれません。日本人同士でもお互いに一目惚れして結婚なんて話もあるかと思います。とは言っても全体の割合的には、やはり少ないでしょう。

しかし、国際結婚となるとこの割合が非常に高くなります。

理由は悪徳ブローカーなどが絡んだ偽装結婚ではスピード婚が非常に多い事が原因です。その為、入国管理局は偽装結婚防止の観点から、出会ってから結婚迄の期間が短いと慎重に審査をしています。真実の結婚であったとしても立証と説明が不十分であれば不許可となってしまいます。その為、十分な準備が必要となるわけです。

真実の結婚であるならば‼︎注意すべき点

では、真実の結婚であるのならば、注意すべきはどのような点なのでしょうか?

まずは、

当たり前ですが、出会ってから結婚までが早すぎない事です。入国管理局では出入国履歴やその他立証資料で出会った日や結婚した日等はわかりますので説明書に間違えの記載がないようにする必要もあります。

既に、結婚していて出会ってから結婚までが短い場合には、その他で真実の結婚である事の立証をしていく必要があります。各人状況によっても変わって来ますが、その後に会っている回数(渡航歴)や、お互いの親族と会っている事、結婚式や披露宴をしている事などのスナップ写真を多数用意して、様々な立証をする必要があります。

写真だけでなく、普段のLINEやメール、国際電話履歴などの内容も提出することも重要となります。

スピード婚の場合には、特に立証資料は多くなります。

スピード婚のような場合には、出来る限りの上記立証資料となるものを通常以上に揃える必要と、理由書や説明書を工夫する必要があります。専門家のサポートを受ける事を推奨致します。

無料相談の問い合わせ、ご予約は電話やメールフォームからどうぞ

配偶者ビザ専門の行政書士直通携帯となります。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。