配偶者ビザ申請で必要な住民票や戸籍謄本について

国際結婚&配偶者ビザ取得サポート/東京

国際結婚&配偶者ビザ取得サポートでは、国際結婚したご夫婦が日本で暮らすための配偶者ビザの取得サポートをさせて頂いております。当事務所には、毎日のように配偶者ビザのご相談がかかってきます。「許可になるか不安」「年齢差があるので不許可になりそう」「スピード婚なので大丈夫か?」など様々な不安やお悩みを聞きます。もしかしたら、あなたも同じではありませんか?

当事務所では、無料相談を行っています。配偶者ビザ取得についての不安や悩みがございましたら、お電話や無料相談フォームよりご予約ください。

外国人配偶者の住民票と戸籍謄本について

日本人と外国人の配偶者が結婚した場合には、住民票は日本人と同様に外国人にも有ります。住民票については、日本人も外国人も同様の扱いとなっています。

日本人同士が結婚した場合には、戸籍という者が出来あがります。結婚すると今までの戸籍(両親)から抜けて(除籍)、二人の戸籍謄本ができあがります。しかし、日本人と外国人での結婚の場合には日本人一人の戸籍ができあがります。外国人配偶者との夫婦関係については、身分事項に国籍や外国人配偶者の氏名が記載されるので結婚している事は分かりますが、外国人個人の戸籍謄本は有りません。

配偶者ビザを申請する際にも住民票及び戸籍謄本は必要

必要書類の一つとして、住民票や戸籍謄本は必須の書類となります。

ビザ申請の際に必要となるのは、認定の場合には、本人のではなく日本人配偶者側の住民票と戸籍謄本になります。変更申請の場合には、本人の住民票はありますので必要になります。

日本人配偶者側の戸籍謄本についてですが、日本での結婚手続きが済んだ後に戸籍の身分事項欄に外国人配偶者の国籍や氏名が記載されますので、結婚している事が分かるようになります。必ず記載がある戸籍謄本が必要となりますので、記載がされているか確認しましょう。※日本での婚姻届後役1週間程度で戸籍の身分事項に載ってくるのが通常ですが、それよりも時間がかかることもあるようですので注意が必要です。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。