配偶者ビザ取得の結婚の真実性

配偶者ビザは国際結婚の信憑性が重要

国際結婚をして夫婦揃って日本で暮らすには、配偶者ビザの取得が必要となります。両国での婚姻手続きの後に入国管理局で在留資格(ビザ)の許可をもらう必要があります。

配偶者ビザを取得するには本当の結婚である事の立証が必要

入国管理局に提出する申請書や質問書、理由書、添付書類が必要となります。そして、人それぞれの状況や職歴、国籍等で内容が違いますが、立証書類を集めていくことになります。

配偶者ビザを取得するにはお互いの両親と会っておくべき?

配偶者ビザで年齢差がある場合

配偶者ビザ申請で出会ってから結婚までが短い場合(スピード結婚)

SNSでの結婚は審査がきびしくなるの?

配偶者ビザ申請の場合で、このような場合には、特に注意が必要です。

  • 出会いから結婚までが短い場合。(スピード結婚)
  • 年齢差がある場合(15歳以上離れている場合。20歳以上離れていると審査は結構厳しくなります。)
  • 認定の場合(外国人配偶者様が海外にいる)に、お互いの国への行き来が少ない場合(最低でも3回は必要です。)
  • 結婚式や披露宴をしていない。
  • お互いのご両親と会っていない。

このような状況の場合は、審査が厳しくなりがちです。このような場合は、特に専門家に相談することを推奨いたします。※当事務所では、このような事案での許可実績も有ります。

上記場合、特に入国管理局は結婚の信憑性に疑問を持つようです。そのため、申請者本人側から本当の結婚で有ることを立証していく必要があります。口頭での説明は出来ませんので(そもそも聞いてくれません)書面での立証、説明となります。説明不足やつじつまが合わないなどとなると必ず不許可となりますので、注意が必要となります。

無料相談を行っています。

行政書士南青山アーム法務事務所では、配偶者ビザ申請の専門家が、お客様の配偶者様のビザ取得を完全サポートいたします。

無料相談を行っております。配偶者ビザ取得についての不安や悩みなどご相談ください。お客様のビザ取得の為に誠心誠意サポートいたします。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。