配偶者ビザ(日本人の配偶者ビザ)のメリットとは

配偶者ビザの専門家

当事務所は、入国管理局へのビザの申請を専門として業務を行なっており、配偶者ビザ(日本人の配偶者等ビザ)の申請相談は毎日のようにあります。

配偶者ビザについて、皆様の質問や相談で多いのは

  1. 配偶者ビザが許可になる為の条件をみたしていますか?
  2. 収入が低いので、不許可にならないか不安生計要件はこちら
  3. 結婚迄の期間が少し短い(スピード婚)ので不許可になりそうで心配
  4. 年齢差があるので不安
  5. 何から始めて良いかわからない

など様々です。

皆さんも同じ様な悩みをもたれているのではないでしょうか?

配偶者ビザを取得するにはお互いの両親と会っておくべき?

配偶者ビザはメリットが多い在留資格です。

他の在留資格に比べて配偶者ビザのメリットは多いです。日本人と結婚して認定で呼び寄せる際は当然取得しなければなりませんが、他の在留資格で既に在留している場合も変更して取得する方が良い場合があります。

配偶者ビザは、他の在留資格に比べて審査が厳しい?

配偶者ビザの審査が他の在留資格よりも厳しいのは事実です。理由として配偶者ビザにはメリットがある為に偽装結婚に利用されてきた過去があります。そして現在でも多いようです。その為、入国管理局は偽装結婚防止の観点から審査しています。申請者は、真実の結婚である事を書面で立証及び説明する必要があるのです。

配偶者ビザのメリットとは

では、日本人の配偶者ビザは、他の在留資格に比べてどの様なメリットがあるのでしょうか?

  1. 学歴要件や実務要件が無い
  2. 就労制限が無く、単純労働を含めてどの様な仕事も出来ます。日本人と同様に好きな仕事に就く事ができます。※勿論、一般的に違法とされる事はしてはいけません。
  3. 将来、永住や帰化をする場合の住居要件が非常に緩和されるので、早い段階で永住や帰化する事が出来る。

配偶者ビザは偽装結婚防止の観点から厳しいのです。

上記の2.3.がメリットが大きいのが分かりますね。特に2.に関しては、どの様な仕事も出来る事を目的として偽装結婚が多いという点があります。その為、審査が厳しいというわけです。

配偶者ビザは、原則として同居してないとダメ

同居が前提の為に、転勤などで単身赴任の場合でも更新時に審査が厳しくなります。3年ビザだったのに1年ビザになってしまう事が多く見受けられます。場合によっては更新自体が不許可となる可能性もあるわけです。

国際結婚&日本人の配偶者ビザサポート/東京

当事務所では、配偶者ビザ取得の完全サポートとして、お客様のお悩みや不安を解消して申請サポートをさせて頂いております。誠心誠意対応させて頂きます。まずは、ご連絡お待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。