日本人の配偶者ビザ更新結果で2名の方が5年ビザに

今回の当事務所で日本人の配偶者ビザ更新の方2名の在留期間が最長の5年となりました。

配偶者ビザの申請をお考えの方、まずは無料相談をご利用下さい。お電話又はメールフォームからご予約出来ます。

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
国際結婚/日本人の配偶者ビザ

お気軽にお問い合わせください。03-6804-5755☏受付時間 9:00-21:00
メールフォーム:24時間対応

無料相談のご予約はコチラから 事前予約なら休日や遅い時間帯も対応可

国外にいる外国人と国際結婚をして配偶者を日本に呼び一緒に暮らしたい。日本にいる外国人と国際結婚をして配偶者ビザに変更したい。配偶者ビザの更新をしたい。ビザ申請に関して不安がある。そもそも何処から手をつけていいか分からない。などなど、配偶者ビザ申請をお考えの方への無料相談を行なっております。お電話又はメールフォームよりご予約お待ちしております。

昨日、日本人の配偶者ビザの更新手続きを当事務所で代行させて頂きましたお客様の更新結果5年ビザの最長期間ビザになりました。

おめでとう㊗️ございます。次は、永住権か帰化を考えているようです。

近々、どちらにするか決めて申請のご依頼を頂く事となっております。

日本人の配偶者ビザから永住権や帰化申請へ

日本人の配偶者の方々は、ある程度日本に在留した後に永住権や帰化申請を考えている方が殆どかと思います。

日本人の配偶者の場合は、通常の外国人の中長期在留資格である就労ビザで在留している方よりも要件としての「日本に来てからの居住年数」が緩和されている為、申請を早い段階で出来るメリットがあります。

※通常の就労ビザ等の在留資格の場合永住権だと引き続き10年の居住が必要、配偶者ビザから永住の場合は、結婚して3年以上であり日本に来て引き続き1年の居住で申請可能となります。

ただし、永住権は中長期在留者として3年ビザ以上の在留期間が付与されている必要があり、帰化申請は中長期在留者として1年ビザ以上の在留期間が付与されている必要はあります。他にも要件はたくさんありますが、要件が備わっていれば申請可能となり、永住権や帰化申請で求められているそれぞれの要件をクリアしていれば大丈夫です。

後は、キチンとした申請書類や立証書類、理由書や説明書類を作成している事が重要となります。

配偶者ビザ取得専門家である申請取次行政書士に安心して全てお任せ下さい

当事務所では、入国管理局の申請取次の一定の基準をクリアした申請取次者であり、配偶者ビザに精通した経験豊富な行政書士が担当しますので、申請書類の作成はもちろんの事、申請書類の提出まで全て代行可能となっております。

忙しくてなかなか時間が取れない方やどうしたらよいのか分からない方はもちろん、配偶者ビザについての許可に不安な方等は配偶者ビザの取得専門家である入国管理局申請取次行政書士である行政書士アーム法務事務所にご相談下さい。

皆様方ご夫婦が安心して、安定して日本で暮らす事が出来る様に全面サポートさせて頂きます。当事務所で受任しました申請の昨年(令和1年)許可率も100%となりました。配偶者ビザ取得をお考えの方への無料相談も行っております。お電話でもメールフォームからでも大丈夫です。

ご相談、ご予約を待ちしております。

お気軽にお問い合わせください。03-6804-5755☏受付時間 9:00-21:00
メールフォーム:24時間対応

無料相談のご予約はコチラから 事前予約なら休日や遅い時間帯も対応可

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。