日本人の配偶者ビザだけど離婚又は死別してしまった。

日本人配偶者の離婚と死別

日本人の配偶者と離婚又は死別してしまった場合どうするべき?

日本人の配偶者と離婚又は死別してしまった場合は、14日以内に入国管理局に報告する必要があります。これを怠ると後々の変更申請に影響が出ますので気をつけましょう。

よく、在留期間がまだ多く残っているからといって、そのままにしている方がいらっしゃいます。その後、時間が経ってから更新も変更も不許可となって困っている方がいらっしゃるのが現実です。こうなると、更新も変更も出来なくなり、出国するしかなくなるので注意しましょう。

上記の報告をしたら、既に日本人の配偶者の身分では無いので、新たな在留資格に変更申請する必要があります。コチラもあまりにも長い期間放って置くと不利になりますので、出来るだけ早めに変更申請しましょう。

どの在留資格に変更すれば良いの?

では、どの在留資格に変更するべきなのか?という事になります。

選択肢はいくつかありますが、ご自身の状況によって個別に判断する必要があります。

  • 就労ビザへの変更
  • 日本人と再婚により新たに日本人の配偶者ビザに更新(更新ではありますが、内容は変更と同じく書類は多くなり、審査も認定や変更と同様に厳しいです。)
  • 外国人と再婚し、家族滞在または、永住者の配偶者ビザに変更
  • 経営管理ビザに変更(会社設立をする必要があり、資本金として500万以上必要となる。)
  • 定住者ビザに変更

上記の選択肢が考えられます。

定住者ビザへの変更

あくまでも目安ですが、日本人の配偶者として3年以上の婚姻期間がある方や、その日本人との間に子供がいて監護養育を自分がするなどの場合には、定住者ビザを取得出来る可能性があります。

ただし、どの様に生計を立てて日本で生活していくのかを立証しなければなりません。

これらの要件を備えている事は必要です。

就労ビザへの変更

大学や専門学校等の学歴に応じた仕事に就けるので有れば就労ビザ「技術・人文知識・国際業務」等に変更も考えられます。ただし、単純労働系は出来ませんので注意が必要となります。

配偶者ビザ取得専門家である申請取次行政書士に安心して全てお任せ下さい

当事務所では、入国管理局の申請取次の一定の基準をクリアした申請取次行政書士が担当しますので、申請書類の作成はもちろんの事、申請書類の提出まで全て代行可能となっております。

忙しくてなかなか時間が取れない方やどうしたらよいのか分からない方はもちろん、配偶者ビザについての許可に不安な方等は配偶者ビザの取得専門家である入国管理局申請取次行政書士である行政書士アーム法務事務所にご相談下さい。皆様方ご夫婦が安心して、安定して日本で暮らす事が出来る様に全面サポートさせて頂きます。当事務所で受任しました申請の昨年(令和1年)許可率も100%となりました。配偶者ビザ取得をお考えの方への無料相談も行っております。お電話でもメールフォームからでも大丈夫です。ご相談、ご予約を待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。