年齢差が大きい場合の国際結婚は、偽装結婚を疑われる可能性があるの?

こんにちは、国際結婚による配偶者ビザ(在留資格)の申請取次等、外国人在留資格(ビザ)を専門とする行政書士の森元です。

年齢差が大きい場合の国際結婚

配偶者ビザの場合は、年齢差が大きい場合は偽装結婚を疑われる可能性は高くなります。

その為、審査は難易度が高くなる傾向にあります。勿論、配偶者ビザを取れないという事ではありません。正真正銘の結婚であるならば取れます。

なぜ、年齢差があると偽装結婚を疑うの?

審査が厳しくなる理由は、以前偽装結婚であった外国人の大半で年齢差があった為です。

その為、入国管理局は年齢差がある場合には、偽装結婚の可能性があるのではないか?と考えて審査します。

勿論、年齢差があって正真正銘の真実の結婚の方がいらっしゃる事も事実です。

真実の結婚ならば、キチンと入管に書面で説明、立証しう

しかし、正真正銘の真実の結婚であったとしても、申請書類や理由書、説明、立証責任が不十分であると偽装結婚の可能性あり、として不許可となってしまいます。

他にも、不許可となりやすい状況はある

まずは、その他の不許可になりやすい状況を紹介しましょう。

  • 出会って直ぐの結婚
  • 結婚式や披露宴などをしていない。
  • お互いの国を行き来していない(会っていない)
  • 電話やLINE、メールをしていない
  • お互いのご両親に会っていない
  • 離婚歴がある
  • 離婚歴の中に国際結婚が含まれる
  • 外国人側に以前、入管法違反等がある

上記の様な状況が複数になると、更に難易度が高くなります。これら全ては、偽装結婚を疑う材料となります。

そもそも、偽装結婚はダメです。

しかし、上記に当てはまるが真実の結婚、正真正銘の結婚である場合には、配偶者ビザがとれないのでしょうか?

正真正銘の結婚なら、キチンとした申請書類、理由書や立証資料、説明をすればです。

大丈夫です。真実の結婚であれば大丈夫です。立証資料といっても、真実の結婚であれば提出できる書類ばかりです。そして、申請書類は勿論の事、理由書や説明書をきちんとした物を作成していけば大丈夫です。

この正真正銘の真実の結婚である事の立証資料を提出する事はとても重要な事です。配偶者ビザを取得する為の立証資料にはプライバシーは無いと考えた方が良いです。そして、立証資料と共に理由書や説明書を作成するべきなのです。外国人本人の国籍やこれまでの経歴、配偶者である日本人側の職歴や年齢、離婚歴など様々な状況で立証資料は違います。人それぞれで立証すべき点が違うという事になりますので、不安な方やどうしていいか分からない方は国際結婚ビザを専門としている行政書士に相談する事を推奨致します。

配偶者ビザ取得専門家である申請取次行政書士に安心して全てお任せ下さい

当事務所では、入国管理局の申請取次の一定の基準をクリアした申請取次行政書士が担当しますので、申請書類の作成はもちろんの事、申請書類の提出まで全て代行可能となっております。

忙しくてなかなか時間が取れない方やどうしたらよいのか分からない方はもちろん、配偶者ビザについての許可に不安な方等は配偶者ビザの取得専門家である入国管理局申請取次行政書士である行政書士アーム法務事務所にご相談下さい。皆様方ご夫婦が安心して、安定して日本で暮らす事が出来る様に全面サポートさせて頂きます。当事務所で受任しました申請の昨年(令和1年)許可率も100%となりました。配偶者ビザ取得をお考えの方への無料相談も行っております。お電話でもメールフォームからでも大丈夫です。ご相談、ご予約を待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。