国際結婚で配偶者ビザが不許可となるのは?①

こんにちは、入国管理局申請取次を専門としている行政書士の森元です。
当事務所では、外国人の国際結婚による在留資格である日本人(永住者)の配偶者ビザの申請取次等、外国人ビザの申請を専門として業務を展開しております。

日本人の配偶者ビザで不許可になりやすいのは?

当事務所には、毎日のように国際結婚をした方から在留資格認定申請のご相談がありますが、
その中でとても、不許可率が非常に高くなるパターンについてお伝えしたいと思います。

不許可率が高くなる実際に相談の多い事例

  1. 出会って直ぐに結婚している状況
  2. 年齢差が非常に離れている
  3. 収入が低い又は、無職
  4. SNSでの出会いや結婚紹介所等での出会い
  5. お互いの国への渡航歴が無い、又は、少ない(要は、殆ど会ってないという事)
  6. 一緒に写ってる写真が無い。1枚しか無い。
  7. 結婚式及び、披露宴をしていない

などです。

この中で、1.の出会ってすぐに結婚は非常に審査が厳しくなります。

在留資格(ビザ)と婚姻手続きは別物

よく、婚姻届が両国で受理されたのだから大丈夫でしょ?という方がいらっしゃいますが、結婚(婚姻届)と日本で一緒に住む事(在留資格)は別物です。

両国での婚姻手続きは大変ですが、頑張れば大抵はなんとかなり、受理されます。

しかし、配偶者ビザ(在留資格)は、日本に住む事の許可であり、結婚しているからといって許可されるとは限らないのです。その為、結婚しているのにビザが不許可となり、一緒に住めないという事態になってしまう方も多いのです。

入管は、偽装結婚を警戒している

配偶者ビザの場合、入国管理局では、偽装結婚の可能性を考えて審査する為、実態調査部門があります。
出会ってすぐの結婚であると偽装結婚がどうしても疑われてしまうのです。

もちろん、出会ってすぐの結婚で真実の結婚である。という方がいらっしゃる事も事実です。
しかし、日本人同士の結婚でも出会ってすぐの結婚というのはとても少数あり、出会ってから結婚までの期間が日本人同士の場合は、平均が2年〜3年というデータもあります。その為、出会ってから数ヶ月での結婚は「ビザ目的なのでは?」と入国管理局は疑うのです。ましてや、出会ってすぐの結婚はなかなか信じてはもらえません。

真実の結婚であり、この様なスピード結婚となってしまった場合には、スピード結婚となった理由や真実の結婚である事の理由や立証をキチンとする必要があります。申請書類はもちろんですが、ここをキチンとしないと不許可となる可能性が非常に大きくなります。

配偶者ビザ取得専門家である申請取次行政書士に安心して全てお任せ下さい

当事務所では、入国管理局の申請取次の一定の基準をクリアした申請取次行政書士が担当しますので、申請書類の作成はもちろんの事、申請書類の提出まで全て代行可能となっております。

忙しくてなかなか時間が取れない方やどうしたらよいのか分からない方はもちろん、配偶者ビザについての許可に不安な方等は配偶者ビザの取得専門家である入国管理局申請取次行政書士である行政書士アーム法務事務所にご相談下さい。皆様方ご夫婦が安心して、安定して日本で暮らす事が出来る様に全面サポートさせて頂きます。当事務所で受任しました申請の昨年(令和1年)許可率も100%となりました。配偶者ビザ取得をお考えの方への無料相談も行っております。お電話でもメールフォームからでも大丈夫です。ご相談、ご予約を待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。