短期滞在から配偶者ビザへの変更はできるの?

こんにちは
入国管理局申請取次を専門として業務を展開している行政書士の森元です。

短期滞在ビザから配偶者ビザへの変更は出来るのか?

当事務所には毎日の様に、配偶者ビザの申請相談がありますが、
「短期滞在で日本に入国している外国人が結婚手続きをして配偶者ビザに変更申請できますか?」
この様な、相談を受ける事がよくあります。

短期滞在で日本に入国した後に短期滞在から正規の在留資格に変更できるのかどうかは、原則論で考えると、短期滞在ビザから正規の在留資格への変更は出来ない仕組みとなっていますので出来ません。配偶者ビザでも、もちろん同様となります。

短期滞在ビザの方は、在留資格変更申請はできないのです。

既に正規の在留資格として「就労ビザ」や「留学ビザ」等のビザで中長期滞在しているので有れば、変更申請となるのですが、短期滞在ビザは、正規の在留資格では有りませんので、短期滞在からの変更というのは出来ないのです。

通常の認定申請の流れとは?

では、正規の在留資格の無い、いわゆる現在国外にいる方や短期滞在の方が正規の在留資格を取得して入国するにはどの様な手順、流れなのでしょうか?

通常の流れとしては、「在留資格認定証明書交付申請」を申請し、無事に交付となったら国際郵便(EMS)を使い「認定証明書」を本国にいる本人に送ります。日本で取得した在留資格認定証明書を持って、本国の日本大使館で手続きをしてから日本に入国してくるのが流れとなります。

原則があるなら、例外もある?

ただし、原則という事は例外もあると言う事で、短期滞在で日本にいる場合であって「特別な事情がある場合」です。この様な場合に該当する時は、認定申請の交付許可を得て、それを持って審査部門に行き申請を受け付けてもらえるように交渉をしなければなりません。そして、OKが出たら、再度「在留資格変更申請書類」を作成して申請するという流れです。

通常の流れだと一度母国に戻ってから、もう一度入国する必要があるため、航空券の費用も馬鹿になりませんよね。
短期滞在で既に日本にいるなら変更ができると便利ですよね。専門家の行政書士であれば、この様な場合にも対応はしてくれるでしょう。

短期滞在中に、結果が出なかったら?

※ただし、短期滞在でいる間に認定の許可が出なければなりませんので、認定交付の結果が間に合わなかった場合は、通常通りに一度戻り認定証明書で入国する必要がありますのでご注意ください。認定がまだ結果がでないからといって短期滞在の期限を超えてるのに帰らないとオーバーステイとなってしまうので注意が必要です。

この様な場合は、残念ですが一度帰国してから認定証明書を受け取って日本に入国して下さい。

新型コロナの影響で帰国する予定で配偶者ビザを申請していた方々は、期限中または、短期滞在の延長が許可された中で変更申請している方も多いです。

国際結婚をしたご夫婦で、日本で一緒に暮らす事をお考えの方は、配偶者ビザ(在留資格)の専門家にお任せ下さい。

配偶者ビザ取得専門家である申請取次行政書士に安心して全てお任せ下さい

当事務所では、入国管理局の申請取次の一定の基準をクリアした申請取次行政書士が担当しますので、申請書類の作成はもちろんの事、申請書類の提出まで全て代行可能となっております。

忙しくてなかなか時間が取れない方やどうしたらよいのか分からない方はもちろん、配偶者ビザについての許可に不安な方等は配偶者ビザの取得専門家である入国管理局申請取次行政書士である行政書士アーム法務事務所にご相談下さい。皆様方ご夫婦が安心して、安定して日本で暮らす事が出来る様に全面サポートさせて頂きます。当事務所で受任しました申請の昨年(令和1年)許可率も100%となりました。配偶者ビザ取得をお考えの方への無料相談も行っております。お電話でもメールフォームからでも大丈夫です。ご相談、ご予約を待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。