ミャンマー人との国際結婚手続き

ミャンマー国籍の方と国際結婚をする場合、双方の国での手続きが必要となります。

ミャンマー人との国際結婚と配偶者ビザ

日本の役所での手続きを先にするのか、ミャンマーでの手続きを先にするのかで方法が違います。

日本の役所での届出を先にする場合

  • 日本の役所(市区町村役場)で婚姻届を提出
  • ミャンマー大使館への報告的届出は不要となります。

役所に行く際の必要書類

ミャンマーの方
  • 独身証明書
  • 外国文書は全て日本語翻訳文が必要
  • パスポートのコピー
  • パスポートの原本
  • 家族構成一覧(ファミリーリスト)
日本人側
  • 婚姻届出書
  • 戸籍謄本
独身証明書と家族構成一覧の作成について

※ミャンマーの場合には、独身証明書と家族構成一覧の作成は、ミャンマーの公証弁護士に作成してもらう事になります。この点は、他国とは近い、大使館で作成して貰えないのが特徴です。

ミャンマーでの手続きを先にする場合

  • ミャンマーの裁判所で、婚姻誓約書に裁判官の署名をしてもらう必要があります。
  • 日本大使館または、区役所で婚姻届を提出する必要があります。

ミャンマーの裁判所での必要書類

ミャンマー人
  • 婚姻誓約書(弁護士サイン必要)
  • 国民登録証
  • その他書類
日本人
  • 婚姻誓約書(弁護士サイン必要)
  • パスポート
  • 婚姻要件具備証明書
  • その他書類
大使館で必要となる書類
  • 国民登録証
  • パスポート
  • 婚姻証明書
  • 上記日本語翻訳文
日本人側
  • 戸籍謄本
  • 婚姻届

となります。

上記の、日本の役所で手続きをする方が楽ではありますね。状況によりますが、日本に既にいるので有れば、日本の手続きを先にする方が良いでしょう。

今まで説明してきました情報は、大使館に最新情報を確認しながら進めていく事をお勧めします。

婚姻手続きは大変では有りますが、頑張れば何とかなりますし、出来ない事はありません。

婚姻手続きと配偶者ビザは別物

以上の婚姻手続きが終わったら、日本に住む為の在留資格(ビザ)を東京入国管理局に申請する必要があります。無事に婚姻手続が出来ても、在留資格(ビザ)が無いと日本で住む事が出来ません。しかも婚姻手続きと違って頑張れば100%出来るというものでは有りません。書類の量も非常に多いですし、不許可となる事が普通にあるからです。というのも、ただ、届出るものと違い、審査があるからです。

配偶者ビザの審査は、他の在留資格に比べ、とても厳しく審査しれますので慎重に

愛し合って、真実の結婚をしているならば尚更、婚姻手続きが済んでいながらビザが不許可になり離れ離れに暮らす事となるのは辛いものですよね。完璧な書類を作成して臨むべきです。

配偶者ビザ取得専門家である申請取次行政書士に安心して全てお任せ下さい

当事務所では、入国管理局の申請取次の一定の基準をクリアした申請取次行政書士が担当しますので、申請書類の作成はもちろんの事、申請書類の提出まで全て代行可能となっております。

忙しくてなかなか時間が取れない方やどうしたらよいのか分からない方はもちろん、配偶者ビザについての許可に不安な方等は配偶者ビザの取得専門家である入国管理局申請取次行政書士である行政書士アーム法務事務所にご相談下さい。皆様方ご夫婦が安心して、安定して日本で暮らす事が出来る様に全面サポートさせて頂きます。当事務所で受任しました申請の昨年(令和1年)許可率も100%となりました。配偶者ビザ取得をお考えの方への無料相談も行っております。お電話でもメールフォームからでも大丈夫です。ご相談、ご予約を待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。