配偶者ビザ認定申請のコロナ渦での対応

こんにちは配偶者ビザなどの外国人在留資格の申請取次を主要として業務を展開している行政書士の森元です。
本日、 入国管理局への日配の更新等の申請書類を提出となりました。

配偶者ビザの認定申請等はコロナ渦でどの様になっているのか?

現在はコロナの影響もあって、配偶者ビザと、永住権の申請が多くて就労ビザの認定が少ないという状況です。

今現在、永住権の申請はとても多いですね。ただし、認定による呼び寄せの申請はさすがにコロナの影響で少なくなっております。

認定申請も現時点であっても出来ます。

認定申請も出来ないわけでは有りませんよ。申請はできますし、審査もされます。当事務所でも多くの認定申請のご依頼もあります。

ただし、審査後の入国管理局の対応が少し違います。

では、認定申請の場合には、どの様な対応を入国管理局では現在のコロナ渦でしているのか?という事ですが、以下、日本人の配偶者ビザを例として記載いたします。

日本人の配偶者ビザの場合のコロナ渦での現時点での入管の対応は?

  • 変更申請の場合には、🅰️通常通り審査されたのちに許可となっております。※現時点で正規の在留資格で日本にいるので問題ありません。
  • 認定申請ではあるが、既に短期滞在で日本に外国人本人が来ている場合には、🅰️滞在期間中に認定交付となれば、短期から日配への変更が可能となっておりますので、更に変更申請書類を作成して入管に提出する事になります。
  • 認定申請で、相手の外国人配偶者様が国外にいる場合は、🅰️日本への入国制限がある国かそうでないかで対応が違うようです。制限されている国の場合は、審査は進められて交付かどうかの判断まで入管内でされているようですが、認定証明書の発送を入国管理局で保留しているとの事です。要は、交付決定となっていてもその国別で入国制限が解除されるまでは認定証明書を発送しないでいるという事のようです。
配偶者ビザ取得専門家である申請取次行政書士に安心して全てお任せ下さい

当事務所では、入国管理局の申請取次の一定の基準をクリアした申請取次行政書士が担当しますので、申請書類の作成はもちろんの事、申請書類の提出まで全て代行可能となっております。

忙しくてなかなか時間が取れない方やどうしたらよいのか分からない方はもちろん、配偶者ビザについての許可に不安な方等は配偶者ビザの取得専門家である入国管理局申請取次行政書士である行政書士アーム法務事務所にご相談下さい。皆様方ご夫婦が安心して、安定して日本で暮らす事が出来る様に全面サポートさせて頂きます。当事務所で受任しました申請の昨年(令和1年)許可率も100%となりました。配偶者ビザ取得をお考えの方への無料相談も行っております。お電話でもメールフォームからでも大丈夫です。ご相談、ご予約を待ちしております。

Follow me!

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。