国際結婚をして結婚手続をしても一緒に住めるとは限らない?

国際結婚をして夫婦2人日本で暮らす為には、在留資格が必要となります。国際結婚をすれば、両国での婚姻届は当然するでしょうが、それだけでは一緒に日本で暮らす事は出来ません。婚姻届は「夫婦です」というだけで、「日本に一緒に住めます」というわけではないのです。そして、両国での婚姻届が済んだからといってビザが許可になるとは限らないのです。真実の結婚とは認められず不許可となっている方はたくさんいるのです。

『日本人の配偶者ビザ』は審査が厳しい?

配偶者ビザ(日本人の配偶者ビザ)は、他の在留資格に比べてとても優遇されているビザです。就労制限もありませんし、将来に帰化や永住をする為の要件も緩くなります。その為、配偶者ビザ(日本人の配偶者ビザ)を取得したい方も非常に多く、偽装結婚も多いのが現実です。以上の理由から取得する時点で他の在留資格よりも非常に厳しい審査がされるのです。審査部門も永住審査部門で審査がなされます。たとえ真実の結婚であったとしても、説明不足や立証資料不足は勿論、稚拙な表現や勘違いをされる表現が原因で不許可となってしまう方が非常に多いのが現実です。真実の結婚であるにもかかわらず「真実の結婚とは思えない」とされ、一緒に住む事が出来ないのです。最悪ですよね。

配偶者ビザが不許可となった場合、再申請出来る?

不許可となった場合、再申請は出来ます。しかし、一度自分で提出した書類のデータは入国管理局に残りますので、再申請する場合には注意が必要です。前回と全く同じでは当然不許可ですし、全く違う内容だと「前回は嘘を書いたのか?」となります。

配偶者ビザが、不許可となってしまったら

配偶者ビザの様に審査の厳しい申請は最初から専門家に任せる事を出来るだけお勧めしますが、万が一自分で申請して不許可となってしまった方は、安易に自分で再申請せずに配偶者ビザの専門家に依頼する事をお勧めします。

無料相談のご予約は休日や遅い時間も大丈夫です。

電話での問い合わせも受け付けています。

無料相談のご予約

国際結婚/日本人の配偶者ビザ
当事務所では、国際結婚により日本で配偶者ビザの取得をお考えの方、その配偶者の方に無料相談を行なっております。無料相談のご予約、お問い合わせをお待ちしております。